ガードマンの費用はどのぐらいかかる?工事現場で依頼する重要性

ガードマンの費用や関連情報を解説

ガードマンの費用は工事を実施する際に気になるポイントの一つです。ガードマンの配備にはどうしても費用がかかるため、可能な限り抑えたいと考える方もいるかもしれません。ガードマンの費用を納得したうえで依頼するには、必要性や法律などについて理解が必要です。こちらでは、ガードマンの費用に関する情報を解説します。工事の実施に伴うガードマンの費用などでお悩みの方はぜひご覧ください。

ガードマンの費用が気になるけど配備は必要?

解体工事の現場において、安全を実現させるためにはガードマンの配備が求められます。特に夜間や明け方などの視界の悪い時間帯は、安全のための誘導や監視が非常に大切です。ガードマンの必要性や依頼主に求められる役割などを押さえることで、費用にも納得したうえでの依頼が可能になるでしょう。依頼する前に確認しておきたい、ガードマンの必要性などを解説します。大阪や兵庫でガードマンの依頼を検討している方は必見です。

【ガードマンの費用】解体工事でガードマンは必要?

腰に手を当てたガードマン

安全に十分気をつければ、解体工事の現場にガードマンがいなくても問題ないと考えるかもしれません。解体工事におけるガードマンの必要性について解説します。

自治体によって配備が義務付けられているケースがほとんど

道路上での工事には道路使用許可を申請したうえで、道路交通法に基づいた実施が必要です。道路交通法では、ガードマンの配備に関して特に明記されていません。しかし、ほとんどの自治体において、道路上での工事にガードマンの配備が義務付けられています。厳密には、円滑な交通を誘導するための対処という形で規定されています。ガードマンを配備しなければ条例や要項違反となってしまうため、配備はほぼ必須と考えるのが確実です。

道路上以外の工事でも重要

工事を行う場所は道路上だけではありません。道路交通法の規定がない場合でも、ガードマンの存在は重要です。工事現場に一般人が入り込んでしまうと、トラブルが起きるリスクが高まります。安全を守るためには、ガードマンによる誘導が必要です。

また、夜は視界の悪さから誘導がないと非常に危険です。解体工事を実施しないとしても、現場によってはそのまま放置することのリスクが高いケースもあります。夜の工事が行われていない時間帯であっても、安全のためにガードマンの配備が求められる場面は多いです。

【ガードマンの費用】依頼主の役割

確認の文字

依頼を受けた警備会社には、ガードマンとしての仕事・役割を果たすうえでの強い責任感が求められます。しかし、工事現場におけるガードマンの仕事は、依頼主も無関係ではありません。工事現場の安全を保つうえで、依頼主にはどのような役割が求められるのかを解説します。

依頼主は業者が信頼できるかどうかを確認する

工事の依頼主は相手が信頼できるかどうか、確認する必要があります。解体工事の現場における安全性は、依頼先の業者に責任が求められます。しかし、すべてを業者に任せてよいというわけではなく、依頼主も依頼相手の信頼度や工事における安全性などの確認を行う必要があります。万が一、解体工事で事故などが発生した場合、依頼した側も責任を問われる可能性が高いです。

ガードマンの仕事内容や人柄は求人情報でも確認可能

企業に所属するガードマンの特徴を確認したい場合は、ガードマンに関する求人が有用な情報源です。求人情報には仕事内容をはじめ、求める人材などが詳しく明記されています。企業は必要とする人材を求人情報で公開します。そのため、依頼を検討している企業にどのような人材が所属しているのかを確認する際は、求人からある程度の情報収集が可能です。企業の求人情報は、所属するガードマンの特徴を掴むための参考になります。ただし、求人情報だけですべてを把握することはできません。夜の対応可否や依頼できる勤務地などは、具体的に確認することが確実です。

大阪・兵庫など関西圏で警備を依頼したいときは、ケイ・ビー・エスまでお気軽にご連絡ください。

このページの先頭へ

関係する法律とガードマンの費用とは?

必要な費用や解体工事における道路使用許可について改めて確認しましょう。どのような法律が適用されるのか、ガードマンはどのように関係するのかなどを押さえると、よりスムーズに理解しやすくなります。また、昼と夜などの時間帯によって費用内容が変わることもあるため、より細かく確認しましょう。

【ガードマンの費用】解体工事における道路使用許可と法律の関係

人差し指を立てる人物

解体工事の実施にあたって一般道をふさいでしまう場合、道路使用許可が必要不可欠です。道路使用許可の意義や獲得方法、関連する法律について解説します。

道路使用許可とは

道路使用許可は、交通の妨害となるおそれがある行為を実施する際に必要な許可です。一般的に交通以外の用途における道路の使用は禁止されており、道路交通法違反となります。しかし、社会的な価値を持つ、もしくは必要性の高い行為に関しては、警察署長の許可獲得が可能です。解体工事は社会における必要性が高い行為に当てはまるため、適切な内容であれば道路使用許可が得られます。

解体工事における道路使用許可の獲得方法

解体工事において道路使用許可の申請を行うのは、基本的に依頼相手である解体業者です。依頼主による申請もできますが、道路使用許可は複雑な点が多いです。多くの場合、工事に関する豊富な経験を有する業者に依頼したほうが、スムーズに手続きを進められます。業者に任せた場合、許可獲得のために動き始める時期や必要な対応に関して依頼主が心配する必要はほとんどありません。道路使用許可の必要性を確認し、申請を依頼するだけでよいです。

道路使用許可と関連性の高い法律

道路使用許可と関連性の高い法律は道路交通法です。道路使用許可を得ないまま解体工事を始めてしまうと、交通妨害として違反行為に当たってしまうおそれがあります。道路使用許可がない状態での道路使用は、道路交通法119条に対する違反行為です。場合によっては3ヶ月以下の懲役もしくは5万円以下の罰金が課せられます。解体業者に依頼すればほぼ安心とはいえ、工事開始が近づいたら念のために道路使用許可の申請状況について確認するとよいでしょう。

なお道路使用許可が必要な場合、それに伴ってガードマンが必須となるケースもあります。前述したように多くの自治体では、道路上での工事において円滑な交通の実現に向けた配備が義務付けられているためです。

ガードマンにかかる費用

解体工事現場に配備されたガードマン

解体工事現場でガードマンを配備する際にかかる費用の目安などをご紹介します。

1日あたりの相場

ガードマンの費用相場は、1日あたり1.5万円〜2.5万円程度です。ガードマンの報酬が1日1万円ほどで、依頼先の警備会社が受け取る利益を上乗せして相場程度の金額となります。夜間も仕事を依頼する場合、昼間に比べて費用が高くなることが多いです。これは法律が関係しています。夜の時間帯に依頼する場合は、少し高く見積もっておきましょう。

値下げ交渉はできるのか

ガードマンを依頼する際、少しでも費用を抑えたいと考えるのは自然です。しかし、相場からあまりにも下回ってしまうと、質の悪さなどのリスクが高まってしまいます。また、過度の値下げ要求は仕事内容だけでなく、心象の悪さにも影響を与えるため、やりすぎないように注意が必要です。ただし、相場をあまりにも上回るような高額の費用を提示された場合、報酬ではなく利益分が大きく乗せられている可能性があります。仕事内容によるものの、相場よりも高すぎると感じた場合は値下げ交渉をするのも有効でしょう。

契約を締結する前に

契約を締結して費用を支払う前に、提示された金額の妥当性について改めて検討すると安心です。相場よりも下回っている場合、支払う費用は少なくて済みますが、質の面で何らかのリスクが考えられます。安さを重視しすぎず、ガードマンに求める役割を適切に果たしてもらえるか、しっかりと確認することが大切です。

相場を超える金額の場合、通常よりも大きすぎる利益が乗せられている可能性が考えられます。危険な現場や人数が必要な現場などの場合はある程度の費用が必要ですが、そうでない場合は値下げ交渉が上手くいくケースがあります。契約を締結して費用を支払う前に、依頼内容に適した金額かどうかを確認するのがおすすめです。

大阪や兵庫などの現場で警備サービスを展開するケイ・ビー・エスでは、予算をお伺いしたうえで適切なプランをご提案します。

このページの先頭へ

ガードマンの依頼・費用などは情報収集が大切

ガードマンは解体工事において必要な存在です。そうでない現場においても、安全を保つためにガードマンを配備すると安心です。依頼主には現場の安全を維持する役割が求められるため、配備を検討しましょう。

適切な費用で依頼する場合、相場に関する情報の精査も欠かせません。相場からかけ離れた費用は、低くても高くてもリスクが考えられます。適切な費用を実現できるように調整する必要があります。ケイ・ビー・エスでは予算に合わせた内容をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ

予算に合わせた内容をご提案!ガードマンのご依頼はケイ・ビー・エスへ

社名 (有)ケイ・ビー・エス
所在地 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島4丁目11-3 105
tel 06-6160-4565
URL https://k-b-s.info/

個人のお客様


企業・団体のお客様


警備実績


リクルート


Q&A


当社社員用

フォローお願いします。